相模原のマッサージ・整体ブログ | ほぐれは、相模原にある整体・マッサージ「つらい痛みを根本ケアと安心施術でお待ちしています。」

ほぐれ
肩 腰 足 の疲れに!本格もみほぐし

Blog

2019年07月14日 [整体 相模原]

相模原の整体・ほぐれ「坐骨神経痛とは?」

こんにちは。
相模原市中央区の整体ほぐれです。
腰痛でお悩みなら「根本から整える・骨盤整体」
相模原駅・南橋本駅・上溝駅 各駅から車で5分

本日は「坐骨神経痛とは?」

坐骨神経痛とは症状の総称

臀部から下肢後面への痛みがあったときに、病院で「坐骨神経痛ですね」と言われたことがある方もいるかと思います。
ですが、実は「坐骨神経痛」とは病名ではなく、お尻から下肢にかけてしびれや痛みが続いたときの症状に言われます。

坐骨神経とは、坐骨の中を通り抜けて梨状筋(おしりの筋肉)を更に抜けて足の方へ向かう末梢神経のことです。

3つの神経から構成されている伝導路のような神経で、体を動かしたり、温度を感じたりすることができます。

1自律神経
意識することなく、血管や内臓、腺などを機能するため調整をする神経
2運動神経
体の各部位にのうから指示を送る神経
3知覚神経
温度や痛みなどを、筋肉、関節、皮膚から伝える神経

私たちが下肢を自由に動かせることも、歩行することが出来るのも、坐骨神経が働いているからです。
坐骨神経痛の症状とは
坐骨神経痛は、ズキズキという表現で言われることが多く、自覚症状であるため本人にしかわからないものとなっております。
痛みではなくしびれの症状のこともあり、ピリピリなどと表現されることがあります。

痛みなどの症状がでるのは、坐骨神経が通る臀部から下肢にかけておこり、基本的には片足に症状がでることが多いいです。

以下のこのようなものは坐骨神経痛かも・・・
1腰を反らすとお尻から下肢にしびれ・痛みがある
2お尻の痛みと長時間座っていられない
3下肢にかけて痛みがある
4歩くと痛みが下肢にでて、休むと和らぐ
5長時間たっていると痛みがでる
6体をかがめると痛みが強くなる

このような症状が出た場合は坐骨神経痛かもしれません。
ただ他の疾患もありますので、病気にて検査をおすすめします。

5つの坐骨神経痛を未然に防ぐポイント
坐骨神経痛は日々の生活習慣を見直していく事で、予防・改善に繋がってきます。
・無理のない運動・ストレッチ
・正しい姿勢
・肥満
・冷え
・お体の定期的なメンテナンス

この5点を少し意識し行動するだけで、徐々に変化してきます。
無理のない範囲で、楽しくやることをお勧めいたします。
  
当店の骨盤整体は「全く痛くない施術」ちょっと不思議な整体。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
ほぐれ・横山台
相模原市中央区横山台1−4−12
042−707−4822



市内(中央区)エリア
相模原市中央区横山台・小町通・横山・清新・相生・小山・青葉・鹿沼台・上溝・共和・矢部・水郷田名・田名・並木・光が丘・富士見・淵野辺・南橋本・陽光台・宮下・星が丘・陽光台







  • Facebook
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • Instagram
  • はてなブックマーク
お問合せフォーム

PageTop