症状別|ほぐれは、相模原にある整体・マッサージ「つらい痛みを根本ケアと安心施術でお待ちしています。」

ほぐれ
肩 腰 足 の疲れに!本格もみほぐし
こんなお悩みではありませんか?
Check 慢性的な頭痛で困ってる。
Check 天気によって体調が悪くなる。
Check 頭痛・腰痛で仕事や家事ができない。
Check 頭痛・腰痛で薬をよく飲む。
Check 病院で検査しても異常ない。
相模原 頭痛 腰痛専門 整体
頭痛
頭痛もちで、悩んでる方は3000万人以上が悩んでると言われております。

・片頭痛について
何らかの原因で脳の血管が拡張され三叉神経を刺激し炎症物質がさらに血管を拡張し「片頭痛」になると言われております。

・緊張型頭痛について
ストレスや頭・首・肩の筋肉が過敏に緊張し血流が悪くなることで起こると言われています。

・群発頭痛について
群発頭痛はまだ不明な点が多ですが、頭部の血管拡張がかかわってると言われております。
目の後ろを通ってる血管が拡張して炎症を引き起こす手目、目の奥が痛いと言われております。
比較的:男性に多い
この時期にアルコールを飲むと頭痛の原因となります。

頭の痛みは薬で一時的に楽になっても、毎日のように頭痛薬を飲んでいると薬剤の使用の原因の頭痛になってしまいます。

頭痛はくも膜下出血や脳出血など重大な病気が隠れている場合もありますので、一度医療機関にて検査し大きな病気がないかを確認して下さい。

相模原市の整体・ほぐれでは安心の整体で固まった筋肉や骨格のバランスを調整します。
マッサージや押したり、何してもくり返す辛い頭痛でお悩みの方は相模原市の整体院・ほぐれへご相談下さい。


寝違え
寝違えは首の周囲の靭帯や筋肉などの急性炎症で朝起きるときに首が痛い・動かせないなどの痛みがあります。
肩こり
筋肉の疲れや血行不良など、様々な原因で肩こりになります。

スマートフォンやパソコンなど前かがみの姿勢は頭の重さを受けやすく、同じ姿勢になり肩周辺の筋肉を緊張させたり、ストレスから自律神経の乱れによって血行不良などで肩こりになり慢性的な肩こりは力が抜けない身体になります。
腰痛
腰痛の原因

腰痛で悩んでる方は、男女問わず多くいらっしゃいます。
一言で腰痛といってもその原因は人それぞれで対処する方法も変わってきます。

ではいったいどんな原因があるのでしょうか?

大きくわけると3つの原因が考えられます。

1筋肉や骨、椎間板など歪みなどで起こった痛み
2血管や内臓の疾患
3心因性の問題

この中でも多いのは1の筋肉・骨・椎間板・歪みの痛みです。
生活習慣の中で同じ動作や足を組むなど長い間悪い姿勢で過ごしたことが原因である場合と無理な動きが問題を引き起こす場合があります。

さらに身体の筋肉が衰えていき腰を支えることができなくなり慢性腰痛もあります。

どんな人が腰痛になりやすい?
ではどんな人が腰痛になりやすいといえるのでしょうか?
さきほど筋肉の衰えからくる腰痛があるとご説明しましたが、左右のバランスが良いかたの方がやはり腰痛になりにくい方が多いです。

やはり姿勢が長年悪い状態で治さないでいると腰痛になりやすいリスクがあると言えます。
以下のようなことが当てはまりませんか?

・キッチンや仕事で中腰の体勢でいる時間ながい
・体重を片足にのせていることが多い
・1日の長時間を椅子に座っている
・ソファーで長時間座る
・同じ動作をする など・・・

原因は様々ですが、以上のようなものは正しい姿勢を崩す原因となります。

現代社会ではPCやスマートフォンなどで椅子に長時間座ってると姿勢が崩れ椎間板や筋肉にダメージとなりますので、椅子に長時間座っているかたも、注意が必要です。
腰痛の約85%はエックス線やMRIなどの画像検査で、痛みの原因が特定できない場合があります。

ぎっくり腰
ぎっくり腰→急性腰痛症
「ギク」と音がしたように腰に痛みが走り、動けなくる。
ぎっくり腰の原因はさまざまですが筋肉に持続的な負担がかかっていたり、負担が腰にかかる行動など。

椎間板ヘルニア
何らかの原因で、椎間板の外側にある線維輪に亀裂が入り、髄核が外にはみ出すことによって神経が圧迫され炎症がおこり痛みやしびれの症状になります。

腰部脊柱管狭窄症
脊柱管は骨の中央にあり、脊髄と神経が通っています。この脊柱管が狭くなり馬尾神経を圧迫し腰や痛み足のしびれの症状などがおきます。


腰椎すべり症
腰椎すべり症は、腰椎の一部がずれることで神経の束馬尾・神経根が圧迫さて症状が出ます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは症状の総称

臀部から下肢後面への痛みがあったときに、病院で「坐骨神経痛ですね」と言われたことがある方もいるかと思います。
ですが、実は「坐骨神経痛」とは病名ではなく、お尻から下肢にかけてしびれや痛みが続いたときの症状に言われます。

坐骨神経とは、坐骨の中を通り抜けて梨状筋(おしりの筋肉)を更に抜けて足の方へ向かう末梢神経のことです。

3つの神経から構成されている伝導路のような神経で、体を動かしたり、温度を感じたりすることができます。

1自律神経
意識することなく、血管や内臓、腺などを機能するため調整をする神経
2運動神経
体の各部位にのうから指示を送る神経
3知覚神経
温度や痛みなどを、筋肉、関節、皮膚から伝える神経

私たちが下肢を自由に動かせることも、歩行することが出来るのも、坐骨神経が働いているからです。
坐骨神経痛の症状とは
坐骨神経痛は、ズキズキという表現で言われることが多く、自覚症状であるため本人にしかわからないものとなっております。
痛みではなくしびれの症状のこともあり、ピリピリなどと表現されることがあります。

痛みなどの症状がでるのは、坐骨神経が通る臀部から下肢にかけておこり、基本的には片足に症状がでることが多いいです。

以下のこのようなものは坐骨神経痛かも・・・
1腰を反らすとお尻から下肢にしびれ・痛みがある
2お尻の痛みと長時間座っていられない
3下肢にかけて痛みがある
4歩くと痛みが下肢にでて、休むと和らぐ
5長時間たっていると痛みがでる
6体をかがめると痛みが強くなる

相模原 腰痛

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問合せフォーム

PageTop